ソラミドストア

繊細さと、力強さの融合

伝統の薩摩焼から、土らしさを引き出し生まれる器たち│つきの虫

鹿児島にて、薩摩を感じる器を作り続ける『つきの虫』さん。ソラミドでは、薩摩焼の伝統に新しい技法を融合させて生まれた『泥貫-DOROKAN-』シリーズの器をお取り扱いしています。ざらりとした独特のテクスチャが特徴で、土の力強さを存分に感じられる器たち。この魅力的な作風は、どのように生まれたのでしょうか。今回は、つきの虫の作家・新納虫太郎(にいろ むしたろう)さんにお話をうかがい、陶芸を始めるまでの経緯や、今の作風に至るまでの道のりを聞きました。

気持ちを伝える

もらうと嬉しい!プレゼントに最適な「ちょっといい日用品」15選

離れて暮らす家族や、普段なかなか会えないお友だちと久しぶりに集まる機会の増える年末年始。とはいえ、今はリアルに人と集まったり、ワイワイおしゃべりするのはちょっと難しいかもしれません。そんな今だからこそ、気の利いた“贈りもの”の力も借りて、大切な人に気持ちを伝えてみませんか? 今回は、プレゼントにぴったりの「もらってうれしい」アイテムたちをご紹介します。

おいしく楽しく、余すことなく。エシカルフルーツが、果物界の未来をもっと明るくする│東果堂

東京都世田谷区・東急世田谷線の若林駅近くにあるフルーツ店の『東果堂(とうかどう)』。店舗での販売やケータリングなど、さまざまな形でフルーツを届け、まだまだ日本では“ちょっと特別なもの”というイメージが根強いフルーツを、もっと身近に、日常的...

土佐から世界に

高知・四万十で愛される食文化に、新しい楽しみをプラス│しまんと百笑かんぱに

日本最後の清流と呼ばれる四万十川が流れる緑豊かな地で、地域の食文化を新しい価値観で創造し、県内外・国内外へと届けるしまんと百笑(どめき)かんぱに株式会社。昔から地元で愛されてきた食文化に新しい楽しみ方をプラスし、ほとんどの商品の企画・製造・販売まで一貫して自社で行なっています。今回は代表の細木紫朗(ほそぎ しろう)さんにインタビューを行い、会社設立の経緯や商品づくりに込めるこだわり、地元の食文化に対する思いを聞きました。

「谷口製土所」発

素材を生かした質感とシルエット美で、九谷焼の新たな魅力を発信する│HANASAKA

九谷焼の産地である石川県小松市で、「土」にこだわったテーブルウェアを生み出すHANASAKA。今回ソラミドでは、HANASAKAの生みの親であり、長年、九谷焼の粘土を作り続ける「谷口製土所」の三代目でもある谷口浩一さんにお話を伺いました。HANASAKAが探求する九谷焼の新たな魅力と、プロダクトの制作秘話についてたっぷりとお届けします。