空と緑のくらし店(ソラミド)

Tatsuro Maeno

陶芸家/神奈川県茅ケ崎市

明るい気持ちになれる、鮮やかな色使いのうつわたち

1980年 兵庫県生まれ 2004年 多摩美術大学美術学部工芸学科陶専攻卒業
2009年 デンマーク・スケルスコーにある International Ceramic Research Center の Artist-in-Residence に招待され滞在制作。その後、コペンハーゲンに移り陶芸家としての活動を開始。
2010年 湘南・茅ヶ崎市に自身のプライベートスタジオ [Tatsuro Maeno Studio Gallery]をオープン。展示会や陶器市・イベントへの参加、セレクトショプでの取り扱いなどがある

「日々の食卓で色鮮やかなうつわを楽しんでもらいたい」という思いから、丈夫で使いやすいうつわづくりを心がけ、制作。鮮やかな色のうつわや掛け分け(色の違う釉薬を掛け分けること)によるマグカップなど、かわいらしい色使いが魅力です。手作りの優しい風合いと、石膏型で制作する磁器ならではのしっかりとした焼き上がりの両方の良さをあわせ持っています。お子さんが好きな色を選ぶ”初めての割れ物”にもおすすめ。