お買いもの > 食器 > お皿・プレート

お買いもの > 食器

お買いもの > 地域 > 栃木県 > 芳賀郡

お買いもの > 作家 > 工房とめ

トルコブルーシリーズ マリネ片口
トルコブルーシリーズ マリネ片口
トルコブルーシリーズ マリネ片口

トルコブルーシリーズ マリネ片口

商品番号 tome0004

2,808円(税込)

[ 送料パターン コンパクト ]

数量

商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
サイズ: 約16.0×22.0×4.5cm(たて×よこ×高さ)

注ぎ口があって使いやすい、トルコブルーのマリネ皿

益子の土で作られたお皿です。トルコブルーの色味が素敵。このような鮮やかな色の焼き物はあまり見かけないように思います。

gd143_5
gd143_6
gd143_4 釉薬の流れによる色の濃淡がなんとも味のある風合いを作り上げています。ところどころ見える下地の土の色にも深みがあって魅力的です。側面に色の切り替わりがあるのも素敵。

角が注ぎ口になっているので水分の多いお料理も扱いやすく便利です。鮮やかながらも少しくすんだ渋みのある色合いなので、食卓にも馴染みやすくしっくりきます。

マリネなどのお料理はもちろんのこと、トライフルなどのデザートを作ってもよさそう。柑橘系やベリーなどの色鮮やかな食材を使えば、より鮮やかなコントラストを楽しむことができます。ぜひいろいろな組み合わせを試してみてください。


少しずつ変化する風合いも楽しんで

こちらのお皿を制作する「工房とめ」さんは、益子の土を使った軽やかな器を作り続けています。

使い込むうちに表情が変わっていく土ものの器。長く大切に使いたくなるのも魅力のひとつです。土ものの器には「貫入」という細かいひびが入っていて、使っていくうちに茶渋やお料理の水分が染み込み、少しずつ表情が出てきます。ぜひ、使うごとに少しずつ変化する風合いもお楽しみください。

また、長く使っていただくために、土ものの器を初めてお使いになる前には半日ほどお水に浸すか「目止め」をしていただくことをおすすめしています。目止めは、お米のとぎ汁か、または小麦粉か片栗粉を溶かした水で20分ほど煮沸します。こうすることで土の目をふさぎ、水漏れを防いだり、汚れやにおいを付きにくくできるのです。

長く大切に使い続けられるトルコブルーのマリネ皿。食卓のアクセントとして取り入れてみてはいかがでしょうか。



〈お取り扱いについて〉

・電子レンジや食洗機のご使用はお控えください。

・使用後はよく乾燥させてください。

・土の焼きものの特徴として、使い込むごとに色味が少しずつ変化します。



soramido 空と緑のくらし店