soramido 空と緑のくらし店

寒い日も楽しめる お酒の器 暖かな冬

soramido style

お酒と共に冬を楽しむ。

寒い日はおいしくてあったかいご飯が食卓に並びます。そのお供にお酒をいただいて、もっと温まりませんか。 素敵な「酒器」を使って、この冬をあたたかく迎えてはいかがでしょうか。

食欲の秋、読書の秋、芸術の秋。

今年は秋をじっくり味わう前に、一気に冬がやって来るような気配。

とはいえ、冬の味覚を楽しむために引き続き食卓がにぎわう季節です。

 

気温も低くなると温かい食事が多くなり、一緒にお酒を楽しむ機会もふえてきます。

 

徳利と片口

冬といえば熱燗です。
首がキュッと細くなっている器がいわゆる「徳利(とっくり)」
語源は様々ですが、この独特の形状によってお酒を注いだ時に生まれる「とくりとくり」という音が由来だとする説もあるそうです。

縁の片方に注ぎ口がついた器を一般的に「片口(かたくち)」と呼びます。
鉢状のものやコップのようなものなどさまざまな形状があり、日本酒の器以外の用途にも用いられる日本の伝統的な食器です。

お酒をいただく時にお店や家庭で使われている多くは「徳利」ですが、今回は「片口」をご紹介します。

 

片口の特徴

まず口径が大きいのでお酒の香りを楽しめるのがポイントですね。
徳利に比べると熱燗などは冷めやすいかもしれませんが、持ちやすく安定感があり注ぎやすい。

※こちらは焼きおにぎりに出汁を注いでいるところ

白磁片口とぐい吞みセット

こちらは白磁ですので、レンジでそのまま温めることも可能です。

<その他のアテム>
フロストかのこ 小丼 / 刺し子のランチョンマット / 木のスプーン

 

ガラスの片口

次にご紹介するのはこちらのガラス酒器です。

熱いお料理と一緒に冷酒を楽しむのにいかがでしょうか。

こちらのガラスは「天の川」をモチーフに作られていて、とても美しいのです。

天の川の酒器セット

 

または、おやつの時間にお茶を楽しむのもよいですね。

 

注ぎ口は作家さんが研究を重ね、たいへん切れ味の良いものになっています。

<その他のアイテム>
白い鉢 / とんすい / オーバルリムプレート / 一輪挿し(角)

 

この冬食卓に酒器を取り入れて、ぜひお楽しみください。